Windows10で使用する便利なキャプチャ取得ソフトについて

画面のキャプチャ、スクリーンショット取得を面倒だと思う事ありませんか?
特に、縦スクロールのある画面の場合、画面を動かして、何枚も画像を取得して、少しづつ重ねるような単調な作業。
めんどくさいですよね?
一昔前、画面のキャプチャ、スクリーンショット取得ツールといえば、キャプラやFastStone Capture が便利でした。
OSが、Windwos7、Windwos8、Windows10とアップグレードされるにつれ、対応しなくなったりしてしまったので、使い勝手が良いものをさがしました。
今回は、Windows10で使用可能な画面のキャプチャ、スクリーンショット取得ツールについてまとめました。

Windows10で使用する便利なキャプチャ取得ソフトについて

選定基準

今回はWindows10で使える、縦スクロールの画面のキャプチャ、スクリーンショットが取得可能なツールを調べました。
選定基準は以下の通りです。

  • 画面スクロールの画像が取得可能なこと
  • 選択箇所の画像が取得可能なこと
  • Windows10で使えること

評価対象

  • Screenpresso
  • Fire Fox標準機能
  • Full Page Screen Capture

評価

Screenpresso

Screenpressoはインストール不要で使用できる、キャプチャソフトです。
自動でスクロール画面の画像取得はできませんが、手動であれば取得可能です。
今回紹介する中で唯一Webブラウザの機能では無いため、PC上の色々なキャプチャを取得可能です。

評価ポイント

  • インストール不要
  • 手動であればスクロール画面の画像取得可能(自動では取得できません)
  • 画像を取得したい個所を細かく指定可能

使い方

以下のサイトからダウンロードしてください。
https://www.screenpresso.com/ja/
exeファイルを実行すると、以下の画面が表示されるので実行を選択してください。

右下の隠しアイコンにScreenpressoのアイコンが表示されるので、クリックします。

左下のキャプチャボタンから使用したい機能を使います。

Fire Fox標準機能

Fire Foxでは元々、Pearl Crescent Page Saverというアドオンを使用していましたが、最近では標準機能で十分なので標準機能を使っています。
WEBブラウザのキャプチャを取得したい場合は、主にこれを使っています。(Fire Foxで良い場合。IEじゃないとダメな場合はScreenpressoを使っています。)

評価ポイント

  • 標準機能なのでインストール不要(Fire Foxのインストールのみ)
  • ボタン一つでスクロール画面の画像取得可能

使い方

Fire Foxをインストール済みであれば、アドレスバーの「・・・」をクリックして、「スクリーンショットを撮る」を選択。

「ページ全体を保存」を選べば、スクリーンショットを取得できます。
他にも表示範囲だけや、カーソルを合わせた場所のスクリーンショットを取得する事も可能です。

Full Page Screen Capture

Chromeのアドオンです。
ボタン一つで画面全体のスクリーンショットを取得できます。ブラウザがChrome指定の場合に使います。(IEじゃないとダメな場合は・・・。)

評価ポイント

  • 標準機能なのでインストール不要(Fire Foxのインストールのみ)
  • ボタン一つでスクロール画面の画像取得可能
  • 使い方がシンプル

使い方

以下のサイトからアドオンを追加できます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/full-page-screen-capture/fdpohaocaechififmbbbbbknoalclacl
右上のカメラのボタンを押せば使えます。

まとめ

私はWindows10環境で、WEB系はFire Fox、それ以外はScreenpressoを使用しています。
便利なのでぜひ使ってみてください。

画像ファイルの形式について

画像ファイルの形式って色々ありますよね?
jpg、png、gifの違いは把握されてますか?
私はjpgが一番サイズが小さくなるイメージ(圧縮効率が良い)で、gifはアニメーションが動くイメージ位の理解でした。
最近、ロゴ用の画像ファイルを作成する機会があり、アドビシステムズ社のPhotoshopを使用し画像を作成しました。
画像の形式の指定が無かったので、適当にjpgを選択しましたが、これが失敗でした。
ロゴの形で切り抜いて、背景の色が見えるようにしたかったのですが、画像の形式を理解していなかったのでうまくいかず、最終的にはpng形式で画像の作り直しになりました。
今回学んだ事をまとめておこうと思います。

画像ファイルの形式について

静止画像のファイル形式

代表的な静止画像のファイル形式は以下の3つだと思います。
最近のWEBブラウザであれば、対応していないものは無いと思います。
gif形式は、ネットワークやブラウザ側のセキュリティの制限で、アニメーションが動かなくなっているものを見たことがありますが。

  • jpg(Joint Photographic Experts Group)
  • png(Portable Network Graphics)
  • gif(Graphics Interchange Format)

ファイル形式の特徴

それぞれのファイル形式の特徴は以下の通りです。

jpgの特徴

jpg形式は写真での使用が主な使い方になります。
画像の透過処理が出来ないので、丸い形で切り抜いても、余白が白くなってしまいます。結構カッコ悪い感じに仕上がります。
これを知らなかったので、画像の作り直しになりました。
jpgでの圧縮を繰り返すと画質がかなり落ちるようです。

  • デジタルカメラでよく使われる。
  • 圧縮画像を元の画像に戻すことができない。(不可逆圧縮)
  • 写真の圧縮に適している。

pngの特徴

png形式はロゴ等の画像ファイルを作成したときに使うのが主な使い方になると思います。
特に透過処理ができるのが、大きいですね。
あと、圧縮を元に戻せるみたいです。

  • 圧縮画像を元の画像に戻すことができる。
  • 画像の透過処理ができる。

gifの特徴

gif形式は静止画像というよりも、ちょっとした動きのあるアニメーション画像で使われているイメージです。

  • 画像の透過処理ができる。
  • アニメーションを作ることができる。

まとめ

写真はjpg、写真以外のロゴ等の画像はpng、アニメーションを作りたいならgifというのが、個人的な結論です。

画像形式 用途 透過処理
jpg 写真 ×
png 画像
gif アニメーション

Windowsで画面の向きが変わってしまった場合の対応

最近、仕事中にPCの画面の向きを変更してしまう事が多く、変える度に慌てています。
サクラエディタを使用している時に、折り返し位置を変えるショートカットキーを間違えています。
特に、ミーティング中のメモを取っている時にやってしまうので焦ります。気づかれないように無表情になりますが・・・。
画面の向きを変えてしまうと、マウスの動きも変わってしまうので、戻し方を調べるのも中々大変です。ミーティング中だと、スマートフォンで調べる訳にもいかないので・・・。
やってしまう回数が多いので、対応方法を記録して覚えておこうと思います。

Windowsで画面の向きが変わってしまった場合の対応

失敗パターン

PCでちょっとしたメモを取る際に、サクラエディタを好んで使うのですが、折り返しを切り替える際に、↓、→、←のキーを触ってしまい、画面の向きを変えてしまっています。
画面の向きが変わった状態で、戻す方法を探そうとすると、マウスの動きも変わってしまっているので、マウスを上下に動かすとカーソルが左右に動くなど、細かい操作はかなり苦戦します。

サクラエディタで折り返し位置変更

 CTRL + ALT + U

画面の向き変更

 CTRL + ALT + ←


CTRL + ALT + ← を押すと以下のように画面が横向きになってしまいます。
戻すコマンドを探すにも、マウスの動きが変わるのでカーソル位置がすぐにずれてしまいます。急いでいる時にはかなりしんどいです。

解決方法

画面の向きを変更する時のショートカットキーで、↑を使えば戻せます。
矢印の方向が画面の上になると覚えておけば、覚えやすいのではないでしょうか?
また、同僚に画面を見せたい時も、ショートカットキーを使って、同僚から見やすい向きに変更したらちょっと凄そうではないですか?
 CTRL + ALT + ↑
以下の通り、画面の向きが戻りました。

参考

サクラエディタについて

サクラエディタはフリーのテキストエディタです。
矩形選択やタブ表示、キーマクロが使えるので、ちょっとしたテキスト編集に便利です。以下のサイトからダウンロード可能です。
矩形選択は、Excelと組み合わせたりすると色々便利です。
 http://sakura-editor.sourceforge.net/index.html

まとめ

CTRL + ALT + ↑(画面を上にしたい方向の矢印キー)で画面の向きを変更できます。
ショートカットを覚えておくと、ピンチを回避する事や、手早く作業をする事が出来るので覚えてみてはいかがでしょうか?
ショートカットキーを使いこなしている所を見ると、大した事はしていなくても、何か凄い事をしたように見えませんか?
他の人が知らないことをさらっとやると、何だか仕事が出来そうな人な感じがします。
ドヤ顔されたりしたら、この人なんだろう感がしますが。。

Data Loader入門

SalesforceのDBへの一括インポート、エクスポートツールである、Data Loaderに関して、調べたので色々備忘録です。
Salesforceでデータをダウンロードしようとすると、レポート機能を使うか、Data Loaderを使うかになると思います。
特に大量のデータを一括で扱う場合は、Data Loaderを利用します。

Data Loader入門

Data Loaderとは?

データを一括でインポート、またはエクスポートするためのクライアントアプリケーションです。
SOQLという、SQLに似た構文を持つ言語を利用します。
Salesforceで大量データのインポート、エクスポートを行う場合は、Data Loaderは避けられないと思います。

インストール手順

インストーラのダウンロード

セールスフォースの画面から、右上の設定を選択します。(ハンズオン環境でも可能です。)

左上のクイック検索ボックスに「データローダ」と入力します。入力すると絞り込みが行われるので、左側メニューのデータローダを選択します。
データローダを選択すると、右側に「Windowsでのデータローダのダウンロード」、「Macでのデータローダのダウンロード」が表示されるので、インストールする環境のインストーラをダウンロードします。

インストーラの実行

ダウンロードしたインストーラを実行し、利用規約に同意します。

使用しているPCのユーザが管理者権限を持っている場合はYESを選択します。
管理者権限を持っていない、または分からない場合はNo, or I’m not sureを選択します。

コンポーネントを選択します。特に指定が無ければデフォルトで大丈夫です。

インストール先を選択します。特に指定が無ければデフォルトで大丈夫です。

しばらく待つと、以下の画面が表示されます。

以上でインストール完了です。

その他

Data Loaderの実行には、Javaの32bit版が必要です。
Javaの32bit版がインストールされていない場合は、Data Loader起動時にOracle社のサイトが開くのでダウンロードしてインストールしましょう。

環境へのアクセス

Data Loaderをインストールしたのでクライアントアプリケーションから対象の環境へのアクセス方法です。
今回は、TrailheadのPlayground環境にアクセスしています。
最初にPlayground環境にアクセスしようとした所、エラーが出たので備忘を兼ねます。(Playground環境は、Production環境の扱いになるようです。)

Playground環境へのアクセス方法

Data Loaderを起動します。

EnvironmentでProductionを選択します。(Playground環境は、Productionにしないとアクセスできません。最初Sandboxを選択していたので、ログインできませんでした。)

Log inボタンを押下すると、ユーザ名、パスワードの入力欄が表示されるので、入力します。
初回アクセス時は、確認用のコードを確認されるので、受信した確認コードを入力しましょう。

アクセス許可を確認されるので、許可を押下します。

無事ログインできました。

SOQLでの日付の指定方法について

Data LoaderはSOQLというSQLと似た言語を利用してデータを抽出できます。
SQLが分かれば何となく調べながらで使えると思います。
また、SQL同様データの絞り込みには、Where句を指定します。
Data Loaderを使用して、日付を条件にSalesforceからデータを取得しようとした時、日付をどんな形式で入力すれば良いのか分からなかったので、調べました。

日付を条件の指定方法

以下の様な形式で、条件を指定します。(構文を間違えると、入力していたSOQLがリセットされて対象のオブジェクト選択からやり直しなのでショックが大きいです。)
Where 項目名 > 2017-04-01

覚えておく必要があるのは以下2点です。

  • ‘(シングルクォーテーション)や”(ダブルクォーテーション)は不要
  • YYYY-MM-DD形式

以下に参考になるページのURLを残します。
https://help.salesforce.com/articleView?id=000005553&language=ja&type=1

日付がずれる問題の対応

インストール後デフォルトの状態で、Data Loaderからデータを登録した場合、日付がずれるという事象が発生します。
対応方法をまとめます。

発生事象

Data Loaderを使用して、CSVファイルをInsertした所、1日前の日付で登録された。
例)2017/4/1を登録しようとすると、2017/3/31で登録された。

原因と解決方法

原因

原因は、Data Loader側の設定でした。
Saleforceのデータベースでは、日付型、日付時間型項目のデータは内部的に全てGMT(グリニッジ標準時)に変換され格納される仕様になっています。
今回はData Loaderのタイムゾーンの設定が「Asia/Tokyo」となっていたため、GMT(+9:00)から、GMTに自動変換を行っていました。
登録していたデータ日付型であり時間を持っていなかったため、00:00:00と判断され、その9時間前である、前日の15:00:00に変換されました。その後日付に変換され前日が登録されたようです。

変換前

2017/4/1 00:00:00 (GMT(+9:00))

変換後

2017/3/31 15:00:00 (GMT)

解決方法

Data Loaderの設定からタイムゾーンをGMTに変更すれば解決しました。
Settingを選択して、Setting画面を開きます。

Time ZoneがAsia/Tokyoになっているのを確認します。

Time ZoneをGMTに変更します。

参考

以下に参考サイトのURLを残します。
https://developer.salesforce.com/forums/?id=906F00000009B5mIAE
https://help.salesforce.com/articleView?id=000047804&language=ja&type=1

まとめ

Data LoaderはSQLを使った事があれば取っつきやすく、習得も早いと思います。
DBがクラウド上に存在するが故のタイムゾーンの問題等、固有の問題以外は調べながらですぐに使えるようになると思います。
Data Loaderの固有の問題は、直面する度に本ブログに記載する予定です。

Atomエディタをインストールしました。

Atomエディタをインストールした話を記録として残します。
元々は、BloggerのテーマのHTML編集画面が使いにくいので、エディタのインストールを考えました。
普段はサクラエディタを利用していますが、サクラエディタではうまくいきませんでした。
自動インデントが使えれば特にこだわりは無いので、フリーかつ拡張性の高いAtomを使う事に決めました。(インストールしてみた結果、Blogger独自タグがうまく扱われず、自動インデントは使えませんでした。)

Atomエディタのインストール

インストールの目的

BloggerのテーマのHTMLファイルに対して自動インデントを使用したいと考え、新しいテキストエディタのインストールを検討しました。(Blogger独自タグがうまくいかなかった。)
HTMLファイルを編集する際に、インデントを揃える機能と、タグを色分けしてくれる機能を必要な機能と考えました。
Atom、Brackets、Sublime Text、TeraPaを検討した結果、フリーかつ拡張性の高いAtomを使う事に決めました。(インストールしてみた結果、Blogger独自タグがうまく扱われず、自動インデントは使えませんでした。)

Atomエディタとは?

GitHubが開発したオープンソースのテキストエディタです。
カスタマイズ可能なのが特徴です。

インストール方法

インストールは簡単で、手順は以下の通りです。
1.インストールファイルをダウンロードする。
exeファイルは以下のサイトよりダウンロードして下さい。
https://atom.io/

2.ダウンロードしたexeファイルを実行する。
3.インストールが完了するとATOMが自動起動する。

日本語化

Atomをインストールしたので、パッケージをインストールして、日本語化しました。
インストール同様、パッケージ導入は簡単で手順は以下の通りです。
1.Atomを起動する。
2.メニュバーのHelp>WelComeGuideを選択する。

3.Install a Packageを選択し、Open Installerを選択する。

4.左側の上の方に入力欄が表示されるので、「japanese」と入力し、Packagesを選択する。
5.パッケージが検索されるので、「japanese-menu」のInstallを選択する。

6.パッケージがインストールされると、表示が日本語に切り替わる。

html-entitiesパッケージのインストール

AtomでHTMLのインデントを揃えるためには、HTML対応のパッケージをインストールする必要があるので、インストールします。
1.Atomを起動する。
2.メニュバーのHelp>WelComeGuideを選択する。

3.Install a Packageを選択し、Open Installerを選択する。

4.左側の上の方に入力欄が表示されるので、「html-entities」と入力し、Packagesを選択する。
5.パッケージが検索されるので、「html-entities」のInstallを選択する。

以上でインストール完了です。早速試してみましょう。

インデント実行結果

当初の目的通り、BloggerのテーマのHTMLのインデントを揃えようとした所、Bloggerのタグが邪魔をしているのか、うまくいきませんでした。

Before

メニューバーの編集>行>自動インデントを選択する。

After

まったく揃いませんでした。

まとめ

BloggerのHTMLファイルは、独自タグの影響でうまくいきませんでした。
通常のHTMLファイルだと、インデントもきちんと揃います。
目的を達成する事は出来ませんでしたが、Atomは拡張性が高いので、プログラミングでも使ってみようと思います。

Kinect生産終了

※ 以前、GoogleのBloggerで投稿した記事を移行してみました。
  以下は2017年10月に投稿した記事です。

Kinect生産終了

今日の気になったニュースです。
MicrosoftのKinectが生産終了となりました。
ちょうど購入して、ジェスチャーで動作するプログラミングをしてみようか迷っていた所なので、とても残念です。

リンクはTechCrunch Japanさんのニュースです。
http://jp.techcrunch.com/2017/10/26/20171025microsoft-finally-kills-off-the-kinect-but-the-tech-will-live-on-in-other-devices/

やはり家庭用ゲーム機だと、家の大きさの関係から、全身を写すセンサーは使い辛かったのでしょうか。
全身を写すためにはセンサーからある程度距離を取る必要がありますし、テレビもそれなりに大きくないと見ずらいのでしょう。
個人的には大人数でリビングに集まり、ワイワイやるゲームといった印象です。

家電量販店でも見かけなくなっていたり、Kinect for Windows Product BlogWindows Blogsに統合されたりしていたので、下火だったのかもしれません。
Kinectの技術が別の製品に活用される事を期待します。

Kinectとは

Microsoftから発売されていた、ジェスチャー、音声認識に対応したインタフェース。
Xbox 360の周辺機器として発売されたが、その後WindowsPCに対応した。
元々はゲーム用として発売されたが、比較的安価な動作を認識できるデバイスとして利用出来るため、産業用とでも使用されていた。
発売されたのは、以下の3種類。
  Xbox 360向けの「Kinect for Xbox 360」。
  Xbox One向けの「 Kinect for Xbox One」。
  Window PC向けの「 Kinect for Windows」。
2017年10月25日生産終了を発表。

Raspberry Pi のOS

※ 以前、GoogleのBloggerで投稿した記事を移行してみました。
  以下は2014年に投稿した記事です。

年末、年始に電子工作で遊んでみようと思い、最近目にしたシングルボードコンピュータのRaspberry Piを購入 を購入したので、OSのインストールについて調べました。
Raspberry PiのOS選択と、 インストール手順を備忘として残します。

前提

購入した Raspberry Piと周辺機器は以下の通り。

  • Raspberry Pi Type B
  • 透明のケース
  • マイクロUSBの充電器(1A)
  • SDHC(Transcend 8GB)
Raspberry Pi 購入

Raspberry Pi のOS選択

Raspberry Pi にインストールするOSについて調べました。
OS自体は色々あるようですが、主なOSは以下の公式サイトにまとまっています。
ざっくり調べた感じだと、特徴は以下の通り。
http://www.raspberrypi.org/downloads

  • Raspbian 
    DebianベースLinuxディストリビューション
  • Arch
    シンプルさを追及したLinuxディストリビューション
  • RaspBMC
    メディアプレーヤ「XBMC」のRaspberry Pi向けディストリビューション
  • RISC OS
    ARMアーキテクチャシステム向けに設計されたグラフィカルユーザインタフェースベースのOS
  • OpenELEC
    メディアプレーヤ「XBMC」に最適化されたLinuxディストリビューション
  • Pidora
    FedoraベースLinuxディストリビューション

Raspbianが日本語の情報が多そうなので、今回はRaspbianをインストールしようと思います。

OS書き込みツールについて

Raspberry Pi 向けのOSは、SDカードに書き込みます。
OSは基本的にディスクイメージファイルとして配布されています。
ディスクイメージファイルはOS内のファイルだけでなく、パーティション情報なども含んでいる為、 ツールを使用してSDカードに書き込む必要があります。
今回は、イメージ書き込みツールのWin32 Disk Imager を使用してSDカードに書き込みます 。

Win32 Disk Imager は以下のサイトよりダウンロードします。
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

SDカードを書き込むPCのOSに合わせて、リンクをクリックし、ツールをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを展開して、Win32DiskImagerのアプリケーションファイルをダブルクリックすればツールが起動します。
ツールの準備はこれで完了です。

OSイメージの書き込み

Raspbian をSDカードに書き込みます。

まず、以下のサイトより、Raspbianのイメージファイルをダウンロードします。
http://www.raspberrypi.org/downloads

ダウンロード後、Win32 Disk Imagerを起動します。
Image Fileにダウンロードしたイメージファイルを指定し、DeviceにSDカードを指定します。
その後、Writeボタンを押下し、SDカードへの書き込みを行います。

Writeボタンを押下すると、以下の警告メッセージが表示されます。
Yesを押下すると、書き込みが開始されます 。

書き込みが完了すると以下のメッセージが表示されます。
OKボタンを押下して、SDカードへのOSの書き込みが完了です。

SDカードをRaspberry Piに差し込み、起動の準備完了です。

VMware Playerのインストール

※ 以前、GoogleのBloggerで投稿した記事を移行してみました。
  以下は2013年11月に投稿した記事です。

普段WindowsのPCを使用しているのですが、仕事で使うサーバがRed HatやCentOSなどのLinuxを使用している事も多いです。
使い方やコマンドを覚えようと思うと、やはり実機を触って動かしてみるのが近道という事で、 Linux環境を作ってみようと思います。
以前は、OSがインストールされていないBTOの安いサーバを購入するか、使っていない古いPCを使用して Linux環境を作ることが多かったと思いますが、PCの性能も上がってきているので今回は仮想化ソフトを利用してみようと思います。  
仮想化ソフトの1つである、VMware Player を Windows 7にインストールします。
インストールしたVMware Playerのバージョンは6です。

VMware Playerとは

VMware社 (VMware Inc.)が提供しているデスクトップ仮想化ソフトウェア。
VMware Playerは無料で提供されています。
配布されているOSや環境のイメージを使用して仮想環境を作成可能です。

前提

使用PC:Windows 7
インストールソフトウェア:VMware Player  ver.6

VMwareインストール手順

以下のURLにアクセスし、インストーラーをダウンロードします。
http://www.vmware.com/jp/products/player/

VMwareのホームページより、ダウンロードタブのVMware Player を選択します。

インストールするOSのインストーラをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして実行します。

インストールウィザードが起動するので、次へボタンを選択します。

使用許諾契約が表示されるので、使用許諾契約に同意し、次へボタンを選択します。

インストール先のフォルダを選択して、次へボタンを選択します。
特に理由がなければ、デフォルトで問題ありません。

ソフトウェアの更新の確認について、選択して次へボタンを選択します。
特に理由がなければ、デフォルトで問題ありません。

ショートカットの作成について、選択して次へボタンを選択します。
特に理由がなければ、デフォルトで問題ありません。

続行ボタンを選択します。

インストールが実行されます。
完了ボタンを選択して、インストールを終了します。
これで、VMware Playerのインストールは完了です。

まとめ

基本的にはインストーラをダウンロードして、次へを押していけば、簡単にインストール出来ます。
次回は仮想マシンの作成します。