BloggerからWordPressへの記事の移行

昨年WordPress触ってみたいと思い、レンタルサーバを借り、独自ドメインを取得して、このブログを始めてみました。
その前は、Googleの無料ブログサービスであるBloggerを使用していました。
Bloggerの記事はそのままにしていたのですが、投稿していた記事をWordPressに移行してみました。
使用したのは、Blogger Importerというプラグインです。
ダッシュボード>ツール>インポートを選択したら、偶々表示されていたので使用してみました。

Blogger(ブログサービス)とは

Googleが提供している、レンタルブログサービス。
無料で使用でき、広告も表示されません。
独自ドメインの設定も可能です。
テンプレートの適用や、HTMLをいじる事で色々カスタマイズできます。
https://www.blogger.com/about/?hl=ja

Blogger Importer(WordPressプラグイン)とは

wordpressdotorgが提供している、WordPressのプラグイン。
名前の通り、GoogleのBlogger(ブログサービス)からエクスポートした記事の情報をWordPressに取り込む事ができます。
https://wordpress.org/plugins/blogger-importer/

移行方法

前提

移行作業の前提として、以下を満たしている事とします。

  • Bloggerでブログを開設している事
  • Bloggerに記事を投稿済みである事
  • WordPressでブログを開設している事

Blogger Importerのインストール

WordPressにログインして、ダッシュボードを表示します。
ダッシュボードの「ツール > インポート」を選択します。
一番上に表示されているBloggerの「今すぐインストール」を実行します。
インストール後、有効化します。

Bloggerのバックアップ

Bloggerにログインして、管理画面を表示します。
メニューの「設定>その他」を選択します。
インポートとバックアップの「コンテンツをバックアップ」ボタンを押して、XML形式のバックアップファイルをローカルPCにダウンロードします。(ダウンロード場所は任意のディレクトリで大丈夫です。インポート時にダウンロードしたファイルを選択する必要があるので、ダウンロードしたディレクトリは覚えておきましょう。)

バックアップファイルインポート

Bloggerからダウンロードしたコンテンツのバックアップファイルの取り込みを行います。
ダッシュボードの「ツール > インポート」を選択します。
先程、「今すぐインストール」 となっていた箇所が、「インポーターの実行」となっているので、クリックして実行します。
実行すると、バックアップファイルを選択する事になるので、先程ダウンロードした コンテンツのバックアップファイルを指定しましょう。

取り込みを行うと、ユーザの選択を求められるので、自分のユーザを選びます。
以上で、移行完了となります。
投稿一覧を見ると、コンテンツが取り込まれています。

まとめ

記事のインポートはとても簡単に実施できました。
画像やカテゴリー、タグも正常に移行されていました。
最終編集日は、インポートした日に変更されました。
多少加筆修正の上、公開しようと思います。

iPhone8機種変更

大分時間が経ってしまいましたが、年末にiPhone6(128GB)からiPhone8(256GB)に機種変更しました。
iPhone8が出た頃からそろそろ機種変更をしようかと考えていたのですが、データの移行方法等やり方が良く分からず、面倒だったので機種変更していませんでした。
年末年始で時間があったので、機種変更に必要な作業を調べて機種変更しました。
次に機種変更をするのは2年以上先になると思うのですが、備忘として残そうと思います。次回の機種変更に備えて、データの移行方法等記録しておきたいと思います。

 

iPhoneの機種変更

前提

携帯電話キャリア:docomo
携帯電話:iPhone6(128GB)→iPhone8(256GB)
機種変更

事前確認

まず最初に、docomoショップでバックアップの取り方と、下取りについて確認しました。

バックアップ

バックアップは、iCloudまたは、iTunesで取得との事だったので、容量の問題からiTunesで取得しました。
USBでPCに接続し、Appleのサイトを参照すれば簡単に出来ました。
https://support.apple.com/ja-jp/HT203977

下取り

データの移行に失敗するのが怖かったので、元の端末を保持したまま機種変更をしたいと考えていました。データ移行が終わった後は古い端末を下取りに出したかったので確認してみました。
確認結果としては、docomoの下取りは後からでもOKとの事でした。ただし、端末の値引きではなくポイント還元になります。下取りの方法としては郵送 or docomoショップに持っていく(並ぶ)のどちらでもOK。
注意点として、端末の下取りの値段は変動するらしく(安くなる)早めの下取りをお勧めするとの事でした。

バックアップ取得

iPhone自体のバックアップはiTunesを使用して取得しました。Appleのサイトを参照すれば簡単にバックアップを取得できました。
https://support.apple.com/ja-jp/HT203977
インストールしているアプリケーションは念のため、Excelを使って一覧を作りました。
アカウントがあるものに関しては、ユーザIDとパスワードをを一通り確認しました。
LINEの様な、移行に特殊な対応が必要なアプリケーションは注意が必要です。LINEのサイトを見ながら移行すれば問題無くできました。
http://official-blog.line.me/ja/archives/53494977.html

データ移行

iPhone自体のデータ移行で手間取りました。
発売から時間が経っていたため、iPhone自体にアップデートが必要だった為です。
その為、iPhone自体を1回アップデートしてから、データ移行しました。
https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/guide/backup/addressbook/fromiphone/itunes/restore.html

その他

docomoショップの待ち時間

docomoショップで長時間待ちました。今後は開店時に必ず予約しようと思います。

  1. 整理券を取得
  2. 混んでいたので、店員の方に確認して外出(1時間程度との事)
  3. 1時間後に戻りましたが、その後2時間程待ち

待ち時間は仕方ないとして、せめて外出時間の精度を上げてもらえればと思いました。
後日下取りを出しに行った横浜のdocomoショップでは待ち時間も短く、対応も非常に素晴らしかったです。ターミナル駅のdocomoショップはカウンター数が多いので待ち時間が短いのかもしれません。

保護シート

docomoショップで購入した保護シートであれば、docomoショップで貼ってもらう事が可能でした。
不器用なので個人的にはとてもありがたいサービスでした。
保護シートにヒビが入ったので、再度保護シートを購入に行った所、保護シートの購入だけでも貼ってもらう事が可能でした。