WordPressでブログを始めました。

初めまして。スガハラ ケンタです。
この度、WordPressでブログを始めました。
元々はGoogle社のBloggerでブログを書いていたのですが、レンタルサーバでのWordPress運用に切り替える事にしました。
(最初に記事を投稿したのは、2013年の11月でしたが更新を余りしなかったので、トータル29記事位しか作成していませんでした。)
今年に入って、仕事に余裕が出来てきた事から、ITエンジニアとしてアウトプットを増やそうと考えて改めてブログを再開しました。
なるべく更新していくのでよろしくお願いします。

WordPress始めました

WordPressに切り替えた理由

Bloggerでブログを書いていたのですが、以下3点の理由でWordPressに切り替えました。
無料ブログで、カスタマイズの自由度も高く、良いサービスではあるのですが。

1.BloggerテーマのHTML編集画面が使い辛かった

カスタマイズ時に使用する標準のエディタが私には会いませんでした。

  • 検索する度に検索窓にカーソルを合わせないと検索できない。
  • 編集中にコードのチェックが実行されエラーが表示される。
  • Blogger独自タグが記載されているため、ローカルのエディタでインデントを揃えようとしても揃わない。

2.テーマのファイルの中に、HTMLもCSSもScriptも記載されていて、カスタマイズが分かりにくかった

Bloggerでは1つのテンプレートファイルの中に、HTMLもCSSもScriptも記載されています。
そのため、どこを修正すれば良いのか追いかけるのが大変で、カスタマイズが面倒でした。

3.BloggerでGoogle アドセンスを申請すると、サイト毎に申請が必要となるため

Blogger経由でアドセンスを申請すると、ホストアカウントというアカウントになり、サイト毎に申請が必要となります。
上記に対して、その他のWEBサイト、ブログで申し込んだ場合、フルアカウントというアカウントとなり、合格後ポリシーに準拠したサイトに自由に広告を設置することが可能となるので、申請が1度で済むためです。

WordPressを選んだ理由

HTML、CSSを別々のファイルで書く方が、カスタマイズがやり易いと感じたからです。
他のブログも検討したのですが、いまいちカスタマイズの自由度が低いのでWordPressを選択しました。
また、HTML5やCSS3等、WEB系のテクノロジーも試してみたいと思っていたので都合が良いと考えました。
CMSの中からWordPressを選択したのは、メジャーで情報が多いからです。これから少しずつカスタマイズを実施しようと思っています。

WordPressをインストールするにあたって選んだ環境

特に、こだわりがあった訳ではないですが、値段と評判から以下を選択しました。
サーバー:XSERVER X10(スタンダード)プラン
ドメイン:ムームードメイン .tokyo

以上、WordPressに移行した理由でした。

Kinect生産終了

※ 以前、GoogleのBloggerで投稿した記事を移行してみました。
  以下は2017年10月に投稿した記事です。

Kinect生産終了

今日の気になったニュースです。
MicrosoftのKinectが生産終了となりました。
ちょうど購入して、ジェスチャーで動作するプログラミングをしてみようか迷っていた所なので、とても残念です。

リンクはTechCrunch Japanさんのニュースです。
http://jp.techcrunch.com/2017/10/26/20171025microsoft-finally-kills-off-the-kinect-but-the-tech-will-live-on-in-other-devices/

やはり家庭用ゲーム機だと、家の大きさの関係から、全身を写すセンサーは使い辛かったのでしょうか。
全身を写すためにはセンサーからある程度距離を取る必要がありますし、テレビもそれなりに大きくないと見ずらいのでしょう。
個人的には大人数でリビングに集まり、ワイワイやるゲームといった印象です。

家電量販店でも見かけなくなっていたり、Kinect for Windows Product BlogWindows Blogsに統合されたりしていたので、下火だったのかもしれません。
Kinectの技術が別の製品に活用される事を期待します。

Kinectとは

Microsoftから発売されていた、ジェスチャー、音声認識に対応したインタフェース。
Xbox 360の周辺機器として発売されたが、その後WindowsPCに対応した。
元々はゲーム用として発売されたが、比較的安価な動作を認識できるデバイスとして利用出来るため、産業用とでも使用されていた。
発売されたのは、以下の3種類。
  Xbox 360向けの「Kinect for Xbox 360」。
  Xbox One向けの「 Kinect for Xbox One」。
  Window PC向けの「 Kinect for Windows」。
2017年10月25日生産終了を発表。