Windows10で使用する便利なキャプチャ取得ソフトについて

画面のキャプチャ、スクリーンショット取得を面倒だと思う事ありませんか?
特に、縦スクロールのある画面の場合、画面を動かして、何枚も画像を取得して、少しづつ重ねるような単調な作業。
めんどくさいですよね?
一昔前、画面のキャプチャ、スクリーンショット取得ツールといえば、キャプラやFastStone Capture が便利でした。
OSが、Windwos7、Windwos8、Windows10とアップグレードされるにつれ、対応しなくなったりしてしまったので、使い勝手が良いものをさがしました。
今回は、Windows10で使用可能な画面のキャプチャ、スクリーンショット取得ツールについてまとめました。

Windows10で使用する便利なキャプチャ取得ソフトについて

選定基準

今回はWindows10で使える、縦スクロールの画面のキャプチャ、スクリーンショットが取得可能なツールを調べました。
選定基準は以下の通りです。

  • 画面スクロールの画像が取得可能なこと
  • 選択箇所の画像が取得可能なこと
  • Windows10で使えること

評価対象

  • Screenpresso
  • Fire Fox標準機能
  • Full Page Screen Capture

評価

Screenpresso

Screenpressoはインストール不要で使用できる、キャプチャソフトです。
自動でスクロール画面の画像取得はできませんが、手動であれば取得可能です。
今回紹介する中で唯一Webブラウザの機能では無いため、PC上の色々なキャプチャを取得可能です。

評価ポイント

  • インストール不要
  • 手動であればスクロール画面の画像取得可能(自動では取得できません)
  • 画像を取得したい個所を細かく指定可能

使い方

以下のサイトからダウンロードしてください。
https://www.screenpresso.com/ja/
exeファイルを実行すると、以下の画面が表示されるので実行を選択してください。

右下の隠しアイコンにScreenpressoのアイコンが表示されるので、クリックします。

左下のキャプチャボタンから使用したい機能を使います。

Fire Fox標準機能

Fire Foxでは元々、Pearl Crescent Page Saverというアドオンを使用していましたが、最近では標準機能で十分なので標準機能を使っています。
WEBブラウザのキャプチャを取得したい場合は、主にこれを使っています。(Fire Foxで良い場合。IEじゃないとダメな場合はScreenpressoを使っています。)

評価ポイント

  • 標準機能なのでインストール不要(Fire Foxのインストールのみ)
  • ボタン一つでスクロール画面の画像取得可能

使い方

Fire Foxをインストール済みであれば、アドレスバーの「・・・」をクリックして、「スクリーンショットを撮る」を選択。

「ページ全体を保存」を選べば、スクリーンショットを取得できます。
他にも表示範囲だけや、カーソルを合わせた場所のスクリーンショットを取得する事も可能です。

Full Page Screen Capture

Chromeのアドオンです。
ボタン一つで画面全体のスクリーンショットを取得できます。ブラウザがChrome指定の場合に使います。(IEじゃないとダメな場合は・・・。)

評価ポイント

  • 標準機能なのでインストール不要(Fire Foxのインストールのみ)
  • ボタン一つでスクロール画面の画像取得可能
  • 使い方がシンプル

使い方

以下のサイトからアドオンを追加できます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/full-page-screen-capture/fdpohaocaechififmbbbbbknoalclacl
右上のカメラのボタンを押せば使えます。

まとめ

私はWindows10環境で、WEB系はFire Fox、それ以外はScreenpressoを使用しています。
便利なのでぜひ使ってみてください。

Windowsで画面の向きが変わってしまった場合の対応

最近、仕事中にPCの画面の向きを変更してしまう事が多く、変える度に慌てています。
サクラエディタを使用している時に、折り返し位置を変えるショートカットキーを間違えています。
特に、ミーティング中のメモを取っている時にやってしまうので焦ります。気づかれないように無表情になりますが・・・。
画面の向きを変えてしまうと、マウスの動きも変わってしまうので、戻し方を調べるのも中々大変です。ミーティング中だと、スマートフォンで調べる訳にもいかないので・・・。
やってしまう回数が多いので、対応方法を記録して覚えておこうと思います。

Windowsで画面の向きが変わってしまった場合の対応

失敗パターン

PCでちょっとしたメモを取る際に、サクラエディタを好んで使うのですが、折り返しを切り替える際に、↓、→、←のキーを触ってしまい、画面の向きを変えてしまっています。
画面の向きが変わった状態で、戻す方法を探そうとすると、マウスの動きも変わってしまっているので、マウスを上下に動かすとカーソルが左右に動くなど、細かい操作はかなり苦戦します。

サクラエディタで折り返し位置変更

 CTRL + ALT + U

画面の向き変更

 CTRL + ALT + ←


CTRL + ALT + ← を押すと以下のように画面が横向きになってしまいます。
戻すコマンドを探すにも、マウスの動きが変わるのでカーソル位置がすぐにずれてしまいます。急いでいる時にはかなりしんどいです。

解決方法

画面の向きを変更する時のショートカットキーで、↑を使えば戻せます。
矢印の方向が画面の上になると覚えておけば、覚えやすいのではないでしょうか?
また、同僚に画面を見せたい時も、ショートカットキーを使って、同僚から見やすい向きに変更したらちょっと凄そうではないですか?
 CTRL + ALT + ↑
以下の通り、画面の向きが戻りました。

参考

サクラエディタについて

サクラエディタはフリーのテキストエディタです。
矩形選択やタブ表示、キーマクロが使えるので、ちょっとしたテキスト編集に便利です。以下のサイトからダウンロード可能です。
矩形選択は、Excelと組み合わせたりすると色々便利です。
 http://sakura-editor.sourceforge.net/index.html

まとめ

CTRL + ALT + ↑(画面を上にしたい方向の矢印キー)で画面の向きを変更できます。
ショートカットを覚えておくと、ピンチを回避する事や、手早く作業をする事が出来るので覚えてみてはいかがでしょうか?
ショートカットキーを使いこなしている所を見ると、大した事はしていなくても、何か凄い事をしたように見えませんか?
他の人が知らないことをさらっとやると、何だか仕事が出来そうな人な感じがします。
ドヤ顔されたりしたら、この人なんだろう感がしますが。。