Kinect生産終了

※ 以前、GoogleのBloggerで投稿した記事を移行してみました。
  以下は2017年10月に投稿した記事です。

Kinect生産終了

今日の気になったニュースです。
MicrosoftのKinectが生産終了となりました。
ちょうど購入して、ジェスチャーで動作するプログラミングをしてみようか迷っていた所なので、とても残念です。

リンクはTechCrunch Japanさんのニュースです。
http://jp.techcrunch.com/2017/10/26/20171025microsoft-finally-kills-off-the-kinect-but-the-tech-will-live-on-in-other-devices/

やはり家庭用ゲーム機だと、家の大きさの関係から、全身を写すセンサーは使い辛かったのでしょうか。
全身を写すためにはセンサーからある程度距離を取る必要がありますし、テレビもそれなりに大きくないと見ずらいのでしょう。
個人的には大人数でリビングに集まり、ワイワイやるゲームといった印象です。

家電量販店でも見かけなくなっていたり、Kinect for Windows Product BlogWindows Blogsに統合されたりしていたので、下火だったのかもしれません。
Kinectの技術が別の製品に活用される事を期待します。

Kinectとは

Microsoftから発売されていた、ジェスチャー、音声認識に対応したインタフェース。
Xbox 360の周辺機器として発売されたが、その後WindowsPCに対応した。
元々はゲーム用として発売されたが、比較的安価な動作を認識できるデバイスとして利用出来るため、産業用とでも使用されていた。
発売されたのは、以下の3種類。
  Xbox 360向けの「Kinect for Xbox 360」。
  Xbox One向けの「 Kinect for Xbox One」。
  Window PC向けの「 Kinect for Windows」。
2017年10月25日生産終了を発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください